比較検証スピードラーニング 〜英語が話せるようになりたいあなたへ

スピードラーニング検討中のあなたへ

本サイトは、スピードラーニングという英語教材の購入を検討している人に読んで頂きたいと思って公開することにしたサイトです。別にスピードラーニングを批判非難することを目的としたサイトというわけではありません。スピードラーニングは多くの人たちに利用されている英語教材ですので、それなりの理由も当然あるでしょう。

 

ただ、あなたの英語学習が「ある目的」の為だとしたら、スピードラーニングは適切な教材だとは思わないというのが、私の見解です。その「ある目的」というのは、あなたの英語学習の目的が「英語が話せるようになりたい」というものだった場合です。英語が話せるようになりたいという理由でスピードラーニングを購入しようとしているのでしたら、私の意見にちょっと耳を傾けて頂く価値はあるでしょう。

 

私は英語教育業界のずぶの素人というわけではありません。私自身、英語圏には10年以上の在住暦があります。海外の語学学校にも数年以上の勤務経験があります。日々、英語を教えるプロの英語ネイティブスピーカー達と、英語を学習する数多くの留学生達に接してもきました。

 

そのような経験の中で、英語が話せるようになっていく生徒さんたちの特徴もみてきたつもりです。また個人的も、人間の第二言語習得に関する書物は、和書・洋書含めて数多く読んでまいりました。従って、どのような学習方法が、英語が話せるようになるために必要かも、最低限わかっているつもりです。

 

そのような私の結論として、もしあなたの英語学習の目的が、英語が話せるようになりたいといことであれば、スピードラーニングを選択するよりも、こちらの教材を選んだ方が、あなたの目的を達成させられる方法だと思っています。その理由の詳しいことについては、本サイト内で説明していますので、よかったら是非読み進めていって下さい。

 

 

  1. スピードラーニングとはこんな教材
  2. スピードラーニング良いところって?
  3. ところであなたに質問です
  4. 英語が話せるようになりたいんだったら要注意
  5. スピードラーニングとは実はこういう教材
  6. 似たような教材(エブリデイイングリッシュとスピークナチュラル)と比べてみた場合
  7. エブリデイイングリッシュかスピークナチュラルがお勧めということ?
  8. 価格比較
  9. では、どうすればいいのか
  10. 提案できる解決策はコレ!
  11. 3つのレベルから選べます
  12. 応用が利かせられるような学習内容
  13. アルクの教材はお勧めです
  14. 発音練習も出来る
  15. イングリッシュ・クイックマスターで楽しみながら実力アップ
  16. 英語が話せるようになりたいなら、イングリッシュ・クイックマスターです

 

 

「英語が話せるようになりたい」って素晴らしい

あなたの英語習得の目的が「英語が話せるようになりたい」だとしたら、それってとても素晴らしい目的だと思います。「何で英語が出来るようになりたいのですか?」と聞かれたら、他にも「英語が字幕なしで観れるようになりたい」とか、「英字新聞が読めるようになりたい」とか人によっていろいろな答えがあるかと思います。いっぽうで、あなたの答えが、「英語が話せるようになりたい」だったら素晴らしい。

 

何故かといいますと、英語というものを能動的に使いたいと思っているからなんです。もちろん、人それぞれの理由があってかまいません。どんな目的であっても、それはそれで否定はしませんが、言語である英語は、本来コミュニケーションツールなわけですから、どんどんそのツールを使って、コミュニケーションを図って欲しいと思っています。

 

英語が話せるようになれば、出会いが増えます。友達の幅が大きく広がります。日本にも男女問わず素敵な人は沢山いますが、それと同様に、世界中にも素敵な人が沢山います。その人達と知り合うチャンスがないまま終わるか、英語というコミュニケーションの手段を使って、知り合う機会を得るかは、あなたの人生を大きく変える可能性があります。

 

海外の人達と触れ合うことで、今までとは全く違う価値感に出会うこともできます。そのことは、あなたを大きく成長させてくれるきっかけにもなります。世界観が変わり、ものごとを見る視点も変わりますし、視野も広がります。また、あなたが世界へ出るチャンスも生まれます。英語が話せるようになれば、チャンスは日本の中だけでなく、世界中に一気に広がるわけです。

 

こんな風に人生を大きく変えていくきっかけとなる、元となるのは、あなたの「英語が話せるようになりたい」という気持ちからなんです。ですので、あなたの英語ができるようになりたい目的が、「英語が話せるようになりたい」だというのは、とっても素晴らしいことなわけです。

 

スピードラーニング体験談

ここで、実際にスピードラーニングを使用さいたYさんのお話を掲載したいと思います。実際にスピードラーニングを試したYさんの感想とは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

 

【スピードラーニングを選んだ理由】

 

私の場合は、今後のキャリアアップのために、アメリカの大学へ留学する目的で、英語を勉強していました。しかし、私は学生ではなく一歳の息子をもつ主婦です。子供の入園と同時に受験しようと思っていたので、受験勉強にかける時間は二年。それまでに、TOEFL 520点のレベルまで引き上げなくてはいけません。

 

当時の私は、趣味で英会話を習っていた程度。TOEFL520点という目標は決して簡単なものではありませんでした。また、大学で自分の意見を述べ、教授や生徒とコミュニケーションをとるためには、テストに受かるだけの英語力ではなく、しっかりと使える英語を身につける必要がありました。

 

しかし、子育てと家事をこなしながら、英語を勉強するのは想像以上に大変なことでした。主人は出張が多いため、ほとんど家にいません。また、転勤族なので子供を見てくれる両親もそばにはいませんでした。私には、少しでも多くの勉強時間が必要だったのです。

 

そこで選んだのがスピードラーニング。「CDを一日5分程度聞き流すだけ」という言葉にひかれて購入を決意しました。これなら、机に向かっている時以外でも、育児や家事に従事しながら、英語の勉強ができると考えたのです。また、「英語がスラスラと出てくるようになる」という点も気に入りました。

 

単語や文法、ライティング・リーディング・リスニングなどは、テキストでカバーすることができます。しかし、アメリカ人の友達が少ない私にとって、会話力をあげるのは難しいこと。スピードラーニングを購入すると、外国人と無料で通話できるサービスがついてきます。これを利用しない手はないと思いました。

 

 

【スピードラーニングを使用した感想】

 

さっそく注文し、半年ほど使い続けてみました。CDは英語と日本語が交互に出てくるので、本当にテキストを使わなくても「聞き流すだけ」で英語を勉強できます。バックミュージックにクラシック音楽が流れているので、聞き心地もいいです。話の内容も、楽しく学ぶことができるよう工夫されています。

 

特に、英語だけでなく文化も学べるという点は、とても良いと感じました。外国の方と触れあうようになってから、自分の国は勿論、他国の文化についても知っておく必要があると感じたからです。スピードラーニングは、そういった点にも配慮している教材でした。

 

しかし、どんなに良い教材でも、自分の求めている物と一致しないことがあります。私の場合がまさにそうでした。後悔した点は「受験勉強には物足りないこと」「聞き流す時間を確保するのが意外と大変であること」「電話での英会話は難しいこと」の三つ。

 

 

【スピードラーニングを購入して後悔した事】

 

「後々、英語を話せるようになったらいいな。」といった気持ちで気軽に始めるには、スピードラーニングを使用した勉強方法は合っているかもしれません。きっと、楽しみながら英語を勉強できることでしょう。しかし、受験や資格取得といった明確な目標と期日がある場合は、効果的でないように感じました。「受験勉強には物足りない」のです。

 

私の場合、勉強のメインとなっていたのは過去問や公式問題集。それらでカバーしきれない会話力を補うために、スピードラーニングを購入しました。英語ではなせるようになるには、フレーズを沢山インプットし、それらを頻繁に使うことが大切だと思っていたからです。

 

スピードラーニングでは沢山のフレーズが紹介されています。でも、「聞き流すだけ」とはいえ、フレーズを覚えるには何度も繰り返し聞かなければいけません。そのため、それらを特定の期日までに暗記したいと思ったら、やはり「聞き流すだけ」では難しいと感じました。また、私は大学生活に必要なフレーズを、まずは中心的に覚えたいと考えていたので、スピードラーニングよりも、公式問題集に出題されたリスニング問題をシャドーイングし覚える方が、私の目的に合っていました。

 

時間が決められたなかで、少しでも英語に触れている時間を増やしたかったというのも、スピードラーニングを購入した理由の一つです。しかし、「聞き流す時間を確保するのが以外と大変」でした。まわりのサポートを得るのが難しいなか、幼い子供を育てていると、一人になる時間というのは本当に限られています。でも、「聞き流すだけ」なら家事や育児の傍らできると考えていました。

 

ところがCDをかけても、子供の泣き声やおもちゃ、その他あらゆる音のせいで、全く聞こえません。小型のウォークマンで聞くことも考えましたが、何かあったときに子供の声が聞こえないと不安なので、使いませんでした。一人になる時間が多い方や、通勤中にウォークマン等で聞くことができる方にはピッタリかもしれません。でも、それが難しいかたにはオススメできないと感じました。

 

外国人講師と電話ができるサービスについては、嬉しい反面とても難しいと思いました。私は、直接合ってお話する英会話教室だけでなく、スカイプを使った英会話も体験したことがあります。個人的には、電話が一番難しいと感じました。

 

当時よりは、英語力のついた今でも、外国の方との電話は緊張してしまいます。電話でコミュニケーションをとる場合、頼れるのは自身の会話力だけ。筆談やジェスチャーは使えないのです。

 

英語は全くわからないけれど、外国の方が目の前で話していると、何となく理解できてしまう事ってありませんか?話している言葉だけでなく、相手の様子が少しでも分かる方が、格段に理解しやすいのです。結局、当時の英語力では、電話を楽しむことができるほど英語を話せるわけがなく、せっかくのサービスもほとんど利用せずに終わってしまいました。

 

 

【自分に合った教材を選ぶことが大切】

 

今回、後悔してしまう結果となったのはスピードラーニングのせいというよりは、「受験勉強には物足りないこと」「聞き流す時間を確保するのが意外と大変であること」「電話での英会話は難しいこと」の三つについて、あらかじめ確認しておかなかった自分の責任だと感じています。

 

スピードラーニングは決して安い値段とはいえない教材です。失敗して後悔しないために、目的や生活スタイルに合っているか考慮してから、教材を選ぶことが大切だと改めて実感しました。私の体験が少しでも他の方の役に立つ事をねがっています。